安部恭弘 Speceal Acoustic Remote LIVE from Thumbs Up

セットリスト

・NEW YORK NIGHT

・MUSIC

・彼の消息

・夕暮れ電車

・ロングバージョン

・夢が過ぎても

・僕らをためしにくるものに

・Turn Off The Light

・'Cause I Love You

・もう道はつづいてる

(アンコール)

・せつなくI LOVE YOU

 

はーーーーーーーーーっ

安部さん元気そうで本当に本当に良かった・・・( ;∀;) もうそれだけでいい。今年に入って初安部さんが7月になってた。ありがとう安部さん、その言葉しか浮かばないよ。

まさかの生配信だったし、それを知ったのが昨日だったしで、心の準備がしっかりできないまま18時半になっちゃってた。

これは安部さんはなんの非もないことだけど・・・生の割にはというか、全体的に音声がちょと小さかったので、もう少し大きめでお願いしたいと思いました。これからお願いねっサムズアップさん。

今回の為に選曲したのかな。春夏と用意していたものが出来なくなっちゃったのかな。とか気になりつつ、「夢が過ぎても」イタリアンバージョンは新鮮だった。

「Turn Off The Light」は安部さんバージョンでは初めて聞いた(*^。^*) 良かったぁ~また今度生で観たい。

 

そして・・・9月の「Turn Boxコンプリートライブ」が、大幅な変更の上で開演するそうで。ファンクラブ会報を読みながら、なんとも言えない気持ちになった。

でもしょうがない、そういうご時世なんだもの。それよりもそれまで私もみんなも安部さんも、元気でいないとね。

 


7/11 sat 安部恭弘 Speceal Acoustic Remote LIVE from Thumbs Up

 

 

I LOVE YOU-25Th Anniversary of Yasuhiro Abeー(DVD付)

I LOVE YOU-25Th Anniversary of Yasuhiro Abeー(DVD付)

  • アーティスト:安部恭弘
  • 発売日: 2007/12/12
  • メディア: CD
 

 

あと15時間後だ!

更新時間は10日の日付だけど、今の本当の時間は11日の午前2時を過ぎとります(^^;)

B社労働の後に、またカラオケ行っちゃったんだもん。今月で期限になる半額オフチケットを使い切りたいとかいうのもあるし、それを口実にアイナナソングを歌いまくるというのもあるし・・・

いやっ、それはちょっとおいといて、ネタもいろいろあるけど、それはちょと後回し!

明日は急に予定が入ったのじゃん。ここ数日安部さんのブログチェックを怠っていたあたいが悪い!ごめんなさい。

明日、というか今日、しかもあと14時間ちょっと後に、安部さんが無観客ライブ&生配信やるって!!!!やったーーーーー\(^o^)/

みんな観てねっ!!無料でやってくれるんだって。太っ腹すぎるわ。

 

詳細はこちら!!!

 

投げ銭 配信&ライブ Remote LIVE from Thumbs Up」
安部恭弘/重久義明/松田靖弘/吉池千秋
START 18:30~

THUMBS UP YOU Tube チャンネルで無料配信

https://www.youtube.com/channel/UCyzx64Lvvj5040V7-5fTY2w/videos

PassMarketにて投げ銭が可能

 


7/11 sat 安部恭弘 Speceal Acoustic Remote LIVE from Thumbs Up

 

と、とりあえず寝る支度をしよう(^^;)

 

2020.7.11 2:41AM

 

TM 12H LIVE! TM NETWORK 35 Anniversary THANKS! FANKS!! and… 感想その3

このタイトルであと何回か書いていこうと思います(^^)/

そういえば月曜にカラオケ行ったんだけど、抑えきれなくてTMの歌メインで歌いまくってきた。あ、アイナナもあるけどw 今暫定でJust one victory歌ったのが全国ランキング1位になってる。ぐふふ・・

 

f:id:kocrisp:20200709230920j:plain

 

◆15:35頃~Epic Records Presents TV "eZ" 特集 CAMP FANKS!!’89ライブ for ”eZ”&WORLD’S END ライブ for ”eZ”

(セットリスト Nervous/Come on Let's Dance/Be TogetherGET WILD/KISS YOU/Come on Everybody/Don't let me cry/KISS YOU/RAINBOW RAINBOW/KISS YOU/Be Together/LOVE TRAIN/WORLD'S END/Come on Everybody/THRILL MAD NATURAL/69/99)

 

89年8月29日のライブの模様。これまたダイジェストっぽい造りになっていたので、フルで全部聴きたかったよ~(*´▽`*) 途中でてっちゃんのソロなどもあり、すんごい見ごたえあった。

ウツがマイクを空中に投げて、見事にキャッチしてすぐ歌うって、なにその完璧さったら!はー、もう観ててため息と歓喜の連続だった。

不定期に放送されていたeZは、EPICのいろいろなアーティストを取り上げてくれてて、たぶんほぼ全部見てた。ほんとに懐かしかった( ;∀;) こんなすごいのをテレビで流してくれてたんだなぁと、あらためて思ったりした。

TMNへと変わった時に、音楽の方向性もかなり変わり、実はハード目なのが結構好きな私としては嬉しかった。リズレは賛否両論あったけど、私はそれはそれで良かったと今では思えるかな。

ギターも葛城さんに代わって、よりハードロックな硬派な感じも強くなったし、今までとは違った格好よさが出てきたって感じよね。69/99とか、生でライブで観たかったなぁ

 


69 / 99 ~ リズレ ~

 

いよいよ双子の登場

今日もまた、あえて日付が変わってからの更新!

1月から始まったRabbiTubeのアイドリッシュセブンのラストを飾るのは、7/9が誕生日のセンターの七瀬陸!

いやぁ、今日のニュースはびっくりしたわ。このタイミングでのご結婚報告とは。所帯持っても可愛い陸くんでいてほしいぞっと。

陸くんはメンバー1歌がうまくて、性格は優しくておだやかな良い子。怒ることはめったになく、激怒したのは天を奪っていった九条鷹匡に対してくらいなのでは。

 

f:id:kocrisp:20200708003452j:plain

陸くんは小さいころから気管支系の病を患っており、今でも症状が出てしまう事がある。アイナナ結成時は、メンバーや事務所ですらこのことを知らなかった。

ある日、一織が喘鳴音に気づいて、その後は一織が陸くんのことを気にかけて、どうにかこうにか序盤はやっていたけど、隠しきれるはずもなく、ライブ後に倒れてからはメンバー全員で陸くんを気遣うようになった。

発作が起きる原因は、ストレスや寒い所、埃っぽいところがあかんということで、出来るだけ陸くんが発作を起こさないよう、みんなで協力してセンターを守っている。

表情や言動から出てくる愛くるしさは、ファンの前でいかんなく発揮していて、見ている人を引き込む力が強い。みんな陸くんの表情によって悲しくなったり嬉しくなったり。のちに一織はそれが「訴求力」だと気づくわけだけど、陸くんの影響力は大きくて、今後トップアイドルとしてどうなっていくのか、とても気になる。

それに対して、双子の兄であるTRIGGERの九条天(七瀬天)は、ファンへひたすら愛情を注ぎこむ、与え続けるタイプ。Re:valeの百くんが言っていた「ずっと昔から尽くす事、子供の頃から奉仕精神を鍛えていたかのよう」という言葉はしっくりくる。

本気で「ファンは恋人、ライブチケットがその約束」だと言い切るんだもんね。プロ根性がすごくて、仕事への熱意と一生懸命さは、このアイナナの世界に出てくる人たちの中でも群を抜いている。こういうところが私はものすごく共感できて、プロ意識の高さは見習いたいし尊敬する。

陸くんがずっとベッドから出られなかった時、ショーパブを経営している両親の代わりに陸くんの面倒を見ていたのが天だった。天が自分が覚えた歌やダンスで陸くんを楽しませていた。

発作で苦しくて寝れない時には、天のお腹に頭を載せて寝ていた陸くん。甘えん坊な陸くんへ、天は惜しみない愛情を注ぎ続けていた。なんて美しい兄弟愛!本当は天だって親に甘えたかっただろうに、両親は病弱な陸くんを気にかけてしまっていたんだろうな。小さい頃から人へ愛情を注ぐことを自然に覚えて、それが自分の喜びへと昇華させていったんだろうなぁ。

両親のお店の経営が困難になり、陸くんの入院費もかさみ、金銭的に苦しかった時に、九条鷹匡からスカウトされ、経済的な面倒を見る代わりに九条鷹匡の養子になった天。そのことを陸くんに告げず、ずっと陸くんからは恨まれていた。

先にTRIGGERとしてデビューしていた天と、その1年後にアイドリッシュセブンでデビューした陸くん、歌番組で顔を合わせる機会が多い。そんな風に芸能界で再開した二人は、世間には双子である事を隠し続けている。一時期週刊誌にすっぱ抜かれそうになったけど、もみ消してもらえたよう。

・・・と一気に殴り書きみたいになってしまったけど、そのうち各メンバーについては長々と語りたいぞっと。

 

さて、RabbiTube見た感想!

どっちから見ようか迷ったけど、まずは陸くんから。

とにかく本日はおめでとうございます!じゃなくてw・・・うわー、陸くんが動いてるぅ~(*^。^*)

意外と怖がらずに箱の中身に手を突っ込んでた!陸くんらしいよね。気のせいか声のキーが高いような気はしたけど、お仕事陸くんはこういう感じなのかな。ヒントも使わずにあっさり当てちゃった。結局センブリ茶飲んだのって、246だった。なんとなく陸くんの罰ゲーム見たかったけど、むせこんじゃうの良くないもんね。

お題にチャレンジでボールを引く時「紺色!」って思ってた。あれ?紫色??それにしても一織のものまねなんかしちゃって、後で「私のものまねなんてしないでくださいっ!」とかって一織に叱られちゃうぞ!(笑)←私の脳内が大妄想中

自分たちの歌ではなく、カルメンとは。失敗してもこれまた陸くんらしくて微笑ましい。ドッドドット ってかわいいし、テンテテンテーンとか、なにげに「天にぃ!」って呼んでるかのような錯覚!(笑)

あ、さすがに二人一緒にはやらなかったんだね。天の事は一切口にしなかったし。やっぱ世間的には双子だというのは公表しないということで。

アイナナはこれにて締めくくり。壮五さんより前の誕生日だった4人については、いずれがっつり書きたいな。

 

そして、九条天!

出てきた瞬間、パーカーを観て「ヴォっ!!」と声が上がってしまった。なんつー天使感!可愛いという言葉しかないじゃん。

TRIGGER箱推しの私(龍推しから箱推しへと変わった)としては、今月含めて3回は脳内崩壊間違いないことになると思ってたけど、既にもう壊れてるw

「箱の中身はなんだろな」の説明も「チャレンジお題はなんだろな」の説明もカンペ見ずに話す天、さすが!

ほら貝をすんなり当てちゃって、あのしたり顔がまたたまらないっ!それに、楽が来月ほら貝吹くだと?!ちょとそれもう想像しちゃってるんですけど!そんで裏で天がめちゃ怒られてる画まで想像できちゃうんだけどっっ ていうか、来月楽が出てくるでしょ。10月は龍でしょ。たぶん龍の時の私は、かなり崩壊が進んでしまいそうなんだけど・・・脳内にAEDを仕込んでおかないとまずいわ。

話を戻すと(^^;) ドーナツシルエットクイズのくだりで「先ほどから想像の斜め上のものがきますが」とか言っちゃって、思わずSecret Nightの歌詞を思い出しちゃう。

んで、3番目のベーグルも、見ようによってはドーナツに見えるのは私だけかしら。ああいうのもあるよね。

それはさておき・・・へー、天ってお仕事モードだと、こんなに可愛くなっちゃうんだぁ(デレデレ)

ライブとかの様子やちょっとだけお客さんに話す様子は見てきたけど、こんなにがっつりと私に話しかけてくる(←崩壊中)のを見るの初めてだから、新鮮だし可愛いし、ずっと聞いていられるわ~

第3部で天が泣いた時、あれを境に私は「これ箱推しだな」と思ってしまった。第3部のTRIGGERの話は、もう悔しくて辛くて・・・こんな酷い事されて、私はツクモは一生許さないし、ZOOLもしかり、簡単に許す事はできないなって思った。

天がステージでこらえきれなくて泣いた時の描写は、絶対にアニメ化してほしい。あの事件から3人の絆は一層深まったと思うし、ナナライで龍が「願いは~」で再現したんだから、アニメ化でもお願いしたい。

そして、ラストのファンサで死亡した人が全国に何人にいるんだろうかと思った。

たぶん天のファンサは「バーン」だろうなとは思ってはいたけど、実際に本当に見せられると、いけませんね。ハートを撃ち抜かれてそのままもう動けません!なんつー可愛さ!あぁ、私ってホントにストライクゾーン広すぎるな(*‘∀‘)

既に来月以降の事を想像しちゃう。楽や龍のファンサはどうなるんだろうか。私生きていられるんだろうかw 龍の時の記事の長文化がこわい。今から下書きしとこうかな・・・

 

というわけで、今月もしっかり楽しませてもらいました(*^_^*) 既にそれぞれを2回視聴終了。あともう一回見て寝るとしようかな♪

 


七瀬陸(IDOLiSH7)/『RabbiTube』クリエイターにチャレンジ!

 


九条天(TRIGGER)/『RabbiTube』クリエイターにチャレンジ!

 

2020.7.9 1:05AM

 

ネタだけが溜まっていく

別館を更新しました。明日は大井競馬場で地方GIジャパンダートダービーがあるよ~ 去年は大井へ行って生でこのレースを観戦したっけ。もう1年経ってるし('Д') 明日は仕事なので観れなくて残念。

 

今日はB社に行くと、さっそく先週末の事について新リーダーから話を聞いた。昨日の朝、グイグイさんから長々とその模様を聞かされたそうで。

今日もモジャは自発的に動かないし、聞きもしないので、私と古株さんは知らんふりをして明日の大井の話で盛り上がってた。

すると「僕初めてなんで」と仕事している後ろから声が聞こえた。モジャがおびえながら立ってた(笑)

自分ではじめましての時「俺はなんでもできる」「仕事は前の所と変わらないからできる」と豪語したから、うちらは安心してたのに、蓋を開けてびっくりなのにさ~

基本的に私は人に教えるの好きじゃないし(インストラクター時代はお金もらえるから全力で頑張っただけ)、自分からああだこうだと教えるタイプじゃないので、こうやって言われなかったらほっておくつもりだった。そもそも社員なんだから、アルバイトごときにびびってどうすんのよ。と言いたい。

手汗をめちゃくちゃかいてて、何枚も大事な紙を手汗でモイスティにしてしまったので捨ててしまったし、いちいち言い訳がうるさい。「これくらいちょっと前なら出来たんですけどね」「遠くから見てたから出来ると思ったんだけどさ」とか、どうでもいい話なので、一切拾ってあげずにスルー。

そんなわけで明日もあるから今日はさっさと寝よう。本当はアイナナ話をしたかったし、TMのもまだ続きがあるんだけど~

あっ、9日はいよいよ七瀬陸&九条天のバースデーじゃんっ ああ、楽しみだ~ 今日も5周年前のティーザー動画がアップされてて、休憩中に観てニヤニヤしちゃったんだよね(笑)

 

2020.7.8 0:20AM

 

TM 12H LIVE! TM NETWORK 35 Anniversary THANKS! FANKS!! and… 感想その2

さてさて、前回の続きをば。

 

◆FANKS CRY-MAX 87年日本武道館 (セットリスト Get Wild/Don't let me cry/イパネマ'84/Maria Club/DRAGON THE FESTIVAL/NERVOUS/Self Control/Electric Prophet/Fool on the planet)

87年6月24日、梅雨の時期、曇り空のジメジメ感がある中、親友と一緒に学校を仮病で早退し(時効時効!)、どこかの公衆トイレとかで着替えたんだったかなぁ。親友に髪をまとめてもらって、お化粧もしたっけ。そして日本武道館へ。

チケットを取るところから、かなり気合が入っていたのを思い出す。当時ネットなんてなくて、チケットは電話予約が基本だったし、大きなハコの時や特定のアーティストの大口販売の時は、なかなかつながらない特別電話予約か、電話なしで直接チケットぴあのあるお店へ行き買うしかなかった。

町田の東急にあったチケットぴあに行き、開店1時間くらい前から並んだっけ。既に3組くらい並んでて、少しすると私の後にはずらりと明らかにFANKSたちが並んでた。

裏口みたいなところから入って、店頭閉まってるから裏の階段で待たされた。無事にチケットが取れるかしか考えてなかったし、一緒に並んでる多くのライバルより良い席を取りたいって祈ってたなぁ。

開店前に配られた申し込み用紙を書いて、何回も見直しをして、すんなり手配してもらえるよう細心の注意を払ったのよね。その後かろうじてチケットは取れたけど、すぐにソールドアウトになった記憶がある。

初めてのTM武道館公演にわくわくしたし、彼らがそこまで大きくなってしまった寂しさなんかもあった。たくさんの人が楽しみにしている表情を横目に、どんなセトリなのか、どんな演出があるのか、そんなことを考えながら列に並んでたっけ。

座席は1階スタンド東側だったので、日詰さん側というか。武道館は全方位良く見えるし、東スタンドのステージ寄りだったから、ウツの姿はよーく見えた。

オープニングのGet Wildのあの出だしったら!マントをバサーって!くるくる~って!なにその王者感!(笑)

ライブ観てて「きゃー」とかって黄色い声は出さないタイプなんだけど、さすがに出ちゃったもんなぁ(笑) 当時はステージに向かって手とか振らないタイプだったのに、振っちゃったもんな(笑)すべてウツが格好良すぎるせいだ!

ウツは少し気合が入りすぎて力が入っていたのか、最初から時折声がしゃがれ気味で、喉持つかなぁなんて心配して見てたのも思い出す。それだけ演者にとっても、武道館は特別なものなのだったんだよね。

NERVOUSのあの振り付けは、条件反射っていうか、曲が流れるとついやっちゃう。先日もカラオケで歌ってきたけど、ついついやってしまう。 おとといも画面見ながらやってた(笑)あ、そういえばSpanish Blueがなかった。もう一回見たかったなぁ。

踊って踊って、ステージ中を動き回るウツに酔いしれ、目くるめく時間はあっという間に終わってしまった。ほんとにあっという間。もっとアンコールやってほしくて、みんな一生懸命拍手した。

あれから時は流れ、ライブ映像を見たいなって思っていたら、DVDという媒体が生まれ、さらにはYoutubeという大変ありがたい無料のサービスまでできて、今では永遠にライブを楽しめるんじゃないかって思ってしまう。ありがたいよね~(^◇^)

 

あら、これだけで結構な字数になった(笑)続きはまた今度~

 

↓3:30過ぎから、その武道館のGet Wildが見れます♪

 


「TM NETWORK THE MOVIE 1984~」 (STAY AT HOME & WATCH THE MUSIC)

 

TM NETWORK「THE MOVIE 1984~」
DRAGON THE FESTIVAL (1985年 日本青年館 )
Get Wild (1987年 日本武道館)
Be Together (1988年 代々木第一体育館)
Love Train (1994年 東京ドーム)
ELECTRIC PROPHET (1984年 PARCO-PART III&1985武道館&1992横浜アリーナ、1994東京ドーム)

 

TM NETWORK THE MOVIE 1984~ [DVD]

TM NETWORK THE MOVIE 1984~ [DVD]

  • アーティスト:TM NETWORK
  • 発売日: 2015/04/22
  • メディア: DVD
 

TM 12H LIVE! TM NETWORK 35 Anniversary THANKS! FANKS!! and… 感想その1

別館を更新しました。今夜23:35から、イギリスで行われるGI、エクリプスステークスに日本馬が出走しますよっ(^^)/

今日は杉さんのラジオを聴きながら、この後の大渋滞を切り抜ける前に更新!今日のゲストは慶一さん、超久しぶり~♪元気そうでなにより。

 

それにしても昨日は12時間、最高だったなぁ。私が高校1年くらいに知ってから、今でも色あせない数々の曲たちを堪能した。

部分的にセトリを入れてみた。だってwikipediaにもなかったんだもん。全部書くと大変なので抜粋でタイムテーブル順に感想をば。

 

◆OPENING&ビデオコンサート「BEE」特集①TM VISION II  84年渋谷PARCO PARTⅢライブ(セットリスト DRAGON THE FESTIVAL/8月の長い夜/永遠のパスポート)

DRAGON THE FESTIVAL TOUR(セットリスト DRAGON THE FESTIVAL/カリビアーナ・ハイ/RAINBOW RAINBOW/8月の長い夜/永遠のパスポート/FANTASTIC VISION/FAIRE LA VISE/愛をそのままに/TIME/VAMPIRE HUNTER D/1974/金曜日のライオン/パノラマジック/ACCIDENT/ELECTRIC PROPHET)

もう、朝っぱらから歓喜だった。この辺の作品は本当に大好き!私の中ではアルバム「CHILDHOOD'S END」は数あるアルバムの中でも特に好き。

そして、来たぁ~~FANTASTIC VISION!大好き!! ポラロイドをカシャッ!!くぅーーーっ めちゃくちゃ懐かしいよーーーー(*´▽`*)  ←心の叫び

DRAGON THE FESTIVALは、実は12時間の中で何度も聞いたんだけど、何度聞いても飽きない歌だし、身体が勝手に動いてしまう。ライブの盛り上がりようを思い出す。

VAMPIRE HUNTER Dは、何十年ぶりかに聞いたかも。当時クラスメイトがてっちゃんの大ファンで、無理矢理サントラのテープを渡されたんだった(笑) で、聞いてみたら素敵で、家族旅行の時に車にカセットテープ積んでた中に入れて聞かせても、家族もすんなり受け入れたという我が家の逸話があった。

 

◆KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX 88年代々木オリンピックプール(セットリスト BE TOGETHER/REGISTANCE/KISS YOU/TELEPHONE LINE/Time passed me by/Children of The New Century/Human System)

これまた観に行けなかったライブだったので、超歓喜!!私が大好きなChildren of The New Centuryはちょこっとだけだったのでもっと見たかったぁ。あのウツのキレキレな動きがたまらないっ

 

◆ビデオコンサート「BEE 」特集③ YOUR SONG、小室哲哉ロングインタビュー

これまた激レアというか、当時BEEで見たきりだった、てっちゃんのインタビューと、てっちゃんのイメージビデオじゃん!て作りの「Twinkle night」(笑)

さらにはあの伝説的且つ最高傑作だと思っている、よみうりランドEAST中野サンプラザホールライブダイジェストが、もっともっと見たかった!

あの中野サンプラザのウツの衣装は、みんな大好きだったと思うし、あの「Come on Let's Dance」は本当に伝説だと思ってる。

って、映像がYoutubeにあった!これこれ、これよ(最下部に貼り付けた↓) あぁぁ、これ一生観ていたい~

よみうりランドEASTのライブは、当時なけなしのお小遣い使ってビデオテープを買ってしまった。毎晩毎晩見たなぁ。バックも素晴らしかった。B'zのまっちゃん、FODの山田さんに西村さん、こんだけのイケメンを従えて踊るウツ、あの動き方は尋常じゃなかったなぁ。あれでマイク持って歌ってたんだもん。息切れせず、苦しそうな様子も全く見せず、あのパフォーマンスを今口パクでしか歌えない軟弱な自称歌手たちに見せたい。

 

今日はここまで。またつづきの感想文書きます(^^)/

さて、アニナナ、999、エクリプスステークス・・あぁ大渋滞(笑)

 


Come on Lets Dance(FANKS DYNA-MIX).wmv